広島県で婚活なら

スタジオクルール結婚相談所

〒730-0043 広島県広島市中区富士見町8-26エスティーム富士見町2階
広島電鉄 中電前駅  徒歩5分  近くにパーキングあり)

082-545-5071
受付時間
10:00~18:00

メインカウンセラー水島雅美の
婚活を始めたい方へのお役立ちコラム

おうち整え

好きなモノに囲まれた
心地よい空間作りを
楽しみましょう♪

マンションのお隣に新築中の戸建て。

土地が造成されモダンなお家が日々建設されていく... 

うちのリビングの真下なので家事をしてるだけでも目に入ってしまうのですが

 あ〜...最近のお家ってこんなふうに出来上がるのね〜...

見ていて なかなか興味深い。

 

抱っこ紐で赤ちゃん連れた若いご夫婦が時々来て

新居の建築を嬉しそうに眺めてる。

庭になりそうなスペースであれこれ相談したり...

幸せそうでこちらもなんだか嬉しくなっちゃいます。

 

そういえば「家庭」という言葉って

家 と、庭でできてるな〜...

建築中のお家を見ながらふと気がついた。

うちはずっとマンションだから庭がなくて

あまり実感がなかったけど。

 

一人暮らしや独身の人にとっても

今住んでる場所が立派な家庭。

一人でも、そこはあなたの心休まる我が家。

 

コロナ禍で「お家時間」という言葉が定着し

自宅で過ごす時間を大事にする人が増えたのは

怪我の功名というか....少しだけよかったことかな。

 

反面、若者が路上飲みでくだ巻いたりしてるニュース...

褒められたもんじゃないけど、あ〜...彼らも寂しいんだろうな...

都会では家賃が高くて部屋も狭く日当たりなんて望めないし

休日家に閉じこもってると気分が塞いだり...

一人で快適に過ごせるような部屋に住んでないんだろうな...

思いを馳せ、少し同情してしまいます。

 

で、ここからが本題。

 

これから本気で結婚を考えたい...

本気でお相手を探したい...

また、モテないわけじゃないけど、なんだかいつも結婚までには至らないのよね〜...

そんなジレンマを感じてるあなた

 

良いご縁を引き寄せるための小さな自己改革

 

今住んでいるお部屋、小さくても自分のお城を

心地よいスペースにプチリフォームしてみましょう。

 

リフォームといってもお金かける必要はなし!

まずはお片付け、徹底したお掃除(水回りも!)

そして思い切った断捨離でスペースを確保します。

なんとなくしまってある使わない物、洋服、靴、本...

リサイクルに出したり捨てたり。まず初日はリストを作ります。

不要なものがなくなり本来のスペースが確保されると

部屋は輝き気分は相当スッキリ。

そこにあれこれ100均雑貨で飾り付けると本末転倒。

観葉植物を置いたり、小さな小瓶に花を花を生けてみる方が

お部屋はずっと暖かく上質に見えます。

 

キッチンもスッキリ使いやすく整理し、あまり料理をしないという人は

いつもよりちょっと頑張って調味料やスパイス類を揃えてみて。

ハーブやスパイスで簡単料理もずっと美味しくなるし、

健康的な食事は美容に直結。

 

自分の小さな家庭が居心地よくなれば

そこでゆったり音楽聴いたり、本を読んだり、セルフエステを楽しんだり。

コロナが落ち着けば友人や彼氏を招待してホームパーティなんてのもいいですよね。

 

自分の小さな家庭が充実している人は、

地に足がしっかりついている感じ、内面が豊かな感じが

相手にも伝わります。

例え一人暮らしでも。

良い縁を引き寄せるため、これはとても大切なこと。

 

外見を磨くのと同時に、内面を磨く。

一つの手段として今すぐにでもできることです。

 

 

実践してみて下さいね。

 

 

 

プロフ作り

よくあるタイプの君・・なんて思われたくない!!でも自己PRは苦手な人は
無料相談へGO!!

婚活を始めるにあたり

まず最初の大事なプロセス、

プロフィール作り。

 

結婚相談所の会員さんたちも

まずは相手の写真とプロフィールで

好みの相手を選んでいきますよね。

 

写真と同じで、あなたの魅力を最大限アピールすることが大事。

でも、盛りすぎはだめ、偽りももちろん×

 

数ある候補者の中でキラリと光る自己PRをまとめるには

自分自身をしっかり見つめ、分析することが大事。

自分の行動パターンを観察し、好きなもの、好きなこと。

苦手なこと、得意なこと...

まずはノートなんかに書き出していきましょう。

 

「私はおとなしく、優しいタイプです」

「明るくて賑やかなタイプです」

.....抽象的な表現にとどまらず、そこに具体的な行動パターンを書き添えると

より生きたパーソナリティが見えてきます。

 

「休みの日は古本屋巡りをし、静かなカフェで読むのが楽しみ」

「猫や犬が好き。保護猫カフェに定期的に通って少しだけど寄付してる。」

「カープが大好き!仲間と応援に行くのが何より楽しみ」

 

.....休みの日の過ごし方だけでもその人らしさがとてもよく表れますよね。

 

自分って外交的で明るい性格だと思っていたけど、

休日は意外に一人で静かに過ごしているな...

職場や仲間の間では意識して明るく振る舞ってたのかな...

 

そんな気づきもあったりします。

 

最近はコロナ禍で自宅時間が増え、通信教育で資格をとる人も増えてるよう。

結婚相談所のプロフィールにも、〇〇コーディネーター何級、なんとかソムリエ資格取得etc...資格のオンパレードみたいな人もお見かけする。

すごいなあと感心しつつ、これってもしやSNSの影響もあるのかなあ...

女性ってマウント大好きな人多いですから(笑)

 

そういうのを見て、引け目を感じたり、自信喪失する必要全くなし!

人は、将来のパートナーを探す時、資格で相手を選んだりしません。

 

ちなみに私自身も資格なんてほとんどゼロ。

車の免許も海外駐在中更新忘れて無くしちゃった^^;;

ただ、ちっちゃなことだけど得意なことはまあまああります。

古いフィルムカメラで写真撮って暗室でプリントできる...

冷蔵庫のお掃除兼ねてワインのおつまみ4〜5品さくっと作れる...

ヨガを5年間、ほぼ毎朝20分休まずやってる... などなど^^;;;;;;

 

この程度のことだっていいんです!

 

「お鍋でご飯炊いて、世界一美味しいおこげで塩結びが握れる」

「野良猫と友達になれる」

「雑草で素敵なブーケが作れる 材料費タダ!」

 

例えばこんなプロフィールならな〜んかほっこりして

ナントカコーディネーターの人より会ってみたくなるけどなあ...(笑)

 

見栄を貼ったり無理したり自分を盛ったりせず

ありのままの自分の、素敵なところを探してみましょうよ。

 

 

きっといっぱいあるはずですよ!

 

 

 

 

そんな目で見つめられたら
お家に連れて帰ってしまいそう・・・。

買い物からの帰り道、

3歳くらいの男の子と若いお母さんを見かけた。

いきなり駆け出した男の子。

少し先の塀の上にはのら猫。

お日様の下でうとうとお昼寝中。

 

猫ちゃんだ〜、かわいいね〜... そうくるのかと思ったら...

「あっちいけ〜!!しっ!しっ!!」

大声で乱暴に追い散らし

猫はあっという間に逃げていく...

お母さんは後ろで黙ってその様子を見てる...

 

しつこく追いかける男の子につい自転車を止めて声をかけてしまった。

「かわいそうでしょ。やめてあげようね。」

やんわり声をかけたらその男の子、

「あいつら汚いんだもん!!おしっこするしうんちするし!!臭いんだもん!!」

 

うんちもおしっこも みんなするんだよ〜、ボクだって...

そんな言葉を飲み込んでその場を離れた。

猫ちゃんは怖がってどこかに消えちゃった。

なんだか気持ちがモヤモヤ.....

 

3歳くらいの子の言葉ってほとんどが親の受け売り。

もしあなただったら?

あなたとあなたのパートナーなら

小さな子供に何を教える?

例えば野良猫や迷い猫、捨て猫、捨て犬...

もし見かけてしまったら?

 

君にはあったかいお家と美味しいご飯がいつもあるよね。

あったかいお布団と、優しい家族がいるよね。

だけど、あの子たちにはないの。いつも一人ぼっちなの。

雨の日も、雪の日もお外なの。

お腹もきっと空いてるんだよ...

 

野良猫たちをどうしていくかは私たち大人の問題。

だけど子供たちには、あの小さくて無力な動物たちに

思いを馳せ、寄り添える

温かな心を育んであげなくちゃいけないんじゃないのかな。

人間の命も動物たちの命も同じく大切なものだってこと

教えるのが大人の責任じゃないのかな.....

 

猫はおしっこしてうんちして汚い忌むべき存在...

あの男の子はどんな大人になるんだろう...

 

婚活とは少しかけ離れた話に聞こえますか?

私としては根本で繋がってるエピソードなんです。

 

結婚して家族を持つ...

個の自分から一歩成熟した社会の一員になる。

この殺伐として、不安でギスギスしがちな世の中だからこそ

他者に優しく、少しでも心地よく暖かい社会が築けるような

家族を紡いでいってほしいなって思うんです。

もちろん私自身も。私たち夫婦も...

いつも自戒してます。

少しは価値のある大人になれてるかなあ....って。

 

中島みゆきさんの「糸」

大好きな歌。

婚活、結婚という言葉を考えるときに

いつも心に浮かんでくる歌詞...

 

縦の糸はあなた

横の糸は私

織りなす布はいつか誰かを

温めうるかもしれない

 

織りなす糸はいつか誰かの

傷をかばうかもしれない

 

逢うべき糸に出会えることを

 

人は 仕合わせと呼びます

 

 

トイレの神様

キレイに保つコツは、
シンプルに物を置かない。
季節のお花を飾るだけ

GW終わっちゃいましたね...

相変わらず猛威を振るうコロナ禍で

どんなお休み過ごされましたか。

私たちは連休初日にPCR検査を受け

陰性の結果が出てからそれぞれの両親の家を訪問してきました。

母の日も近かったし。

 

子供の頃を過ごした夫婦それぞれの実家は

経年劣化でやはりそこそこ老朽化し、

親たちは高齢化と共に掃除や整理整頓も億劫になるのか

それなりに散らかっていました。

 

夫の実家でトイレを借りたのですが

とても綺麗に掃除されていてちょっとびっくり!

私たちが来ると思って掃除してくれたのかな?

それともいつもそうなのか...

どちらにしても感心しました。

 

夫の両親は歳の割にとても元気で

持病を抱えながら趣味を楽しみ

コロナ禍で今は我慢していますが

ボランティアなど地域の人たちとの交流も盛ん。

昔から人の出入りが多かったせいなのか

トイレは常に綺麗にする習慣がついてたのかもしれません。

 

トイレを綺麗に保つと運気が上がる...

そんな言葉をよく耳にします。

 

そういうのってあまり信じないタイプの人間なのですが

これに関しては納得する自分がいます。

なぜなら...

 

トイレって、家の中では一番汚れている場所。

だけど自分の体内から不要な物を流し

健康を保つための大切な場所。

 

人が訪ねてこない限り、人には見せない場所。

便座の裏が汚れてたって死んだりしない。

自分や家族しか使わない場所なんだし...

 

そういう人はきっと、下着とか背中とか歯とか...

見えないところ、隠せるところに気を使わない傾向があるんじゃないかな...

髪は綺麗にカラーして巻いて、ファッションに気を使い

ネイルやマツエクには手を抜かなくても。

「見えないところは、ま、いっか」

なーんて勝手な想像だけど^^;

 

逆にトイレを毎日綺麗にピカピカにしている人は...

 

華やかな外見作りより、艶やかな肌や髪。

お口の健康、日々の食事や運動で

引き締まった体づくり。

自然体で分相応、きらりと光るさりげないファッション。

 

そんなイメージが浮かび上がってきます。

 

人から見られない場所を綺麗に清潔に保つ...

その努力ができる人、できない人の差は

その人の暮らしぶり、全てに現れてくると思うんです。

 

結婚は出会いから。

素敵な出会いを引き寄せるにはまず、絶対、

自分が素敵に変わらないと。

外見だけでは見抜かれてしまいます。

内面から滲み出る魅力は一朝一夕では

身につきません。

 

コロナ禍でお出かけできない時間を有効に使って

まずは身辺の汚れを綺麗に.....

 

トイレの神様を味方につけて

 

運気を上げて行きましょう!

 

 

柔軟な人

結婚は新たな人生のスタート
あなたらしく輝けるために・・・。

他人だった二人がある日を境に家族になる...

結婚は人生の大きな変化。

しっかりお互いを理解した上で

決断しなくてはいけない人生最重要なイベント。

 

お互い心を開き、納得するまで理解しあうのは

はずせないプロセス。

ただ、一つ心に留めておいて。

結婚前に相手の全てを知ることは不可能。

本当に相手を知るには、時間と、根気と、寛容、

そして柔軟性が必要なんです。お互いに。

 

自分の理想にこだわりすぎ、少しでもそれに該当しなければ

却下、無理!...を繰り返していては、

あなたの「運命のお相手」になり得るかもしれない人を

見逃してしまう恐れがあります。

 

ちょっと理想と違うけど、なんだか気になる。好感が持てる...

もしそういうお相手に出会ったら、できるだけ心を柔軟に

心を開いてお付き合いをしてみましょう。

 

世の中にはたくさんの価値観があり、人はみんな不完全。

それを常に心に留めておくだけで

少し柔らかい気持ちで他者と接することができるんじゃないかな。

 

妥協しなさいというのとは違う。

計算高くというのとも、したたかになれとも違う。

柔軟性とは、他者に対する思いやりとリスペクトがあり

自我を通すことだけを優先しない大人の振る舞いが

できるということです。

 

柔軟な人は結婚だけでなく、仕事、友人など

人間関係を築くのが上手。

人にも愛されます。

 

どうしても大事に思う価値観や人間性など、コアな部分は譲らない、

でも些細なことには多少目を瞑れる...

趣味が全く違うお相手なら、新しい世界が楽しめていいかも!

そのくらいおおらかな柔軟性が持てれば

 

結婚が足し算、掛け算になって

 

人生がより豊かになるのではないでしょうか。

 

柔軟な人は 素敵です... 

心の低体温症

心豊かに。心暖かく。

どこにでもいる一見幸せそうな家庭の主婦、志保。

なのにいつも、頭から「離婚」の文字が離れない...

 

ネットでたまたま見つけて読み始めたこの漫画。

 

https://www.lettuceclub.net/news/serial/11586/

 

あ〜...こういう家庭、多分いっぱいあるんだろうな〜...

 

気になるこの旦那さん。

こういう人、日本人にはすごく多い気がします。

悪い人じゃないのかもしれないけど

人として、どこか冷たいなーと不満に思っている志保...

 

おそらくその理由... 

彼の、他者に対する無関心さが大きく影響してると思います。

 

スマホの画面で何もかも、瞬時に完結できるこの時代。

日常生活で他者と接する機会が減り、

会話や連絡もメール。買い物もネット。

電話で話すことさえ面倒臭い...

 

電車の中ではみんなスマホの画面にどっぷり。

旅先では景色を楽しむより自撮りに夢中。

 

そんな暮らしの中、興味の対象はどんどん自己に向けられ

他者に対する関心は薄れていく...

 

自己愛が強く、他者に関心が持てない人は

側から見ると冷たい印象を持たれがち。

他者の痛みに共感できない反面

自分がトラブルに見舞われたり好きなことに障害が入ると

パニックになったり怒りを爆発させたりすることも...

 

こういった「心の低体温症」は

なかなか治らない場合が多い。

人間的な幼さにも通じるものがあり

結婚すると毎日がなかなかストレスフル。

 

婚活で出会ったお相手...

ビジュアルも、経歴も素敵...

 

つい目が曇りがちですが

しっかり両目を開けて

たくさん会話し、メールし、会って

お相手の心の体温を確認しましょう。

 

自分が、自分が...と話すばかりで

あまりあなたに興味を示さないな...と感じたら

もしや相手は I love myselfの他者無関心症。

 

イケメンでもエリートでも

 

パスすることをお勧めします!

会話力を身につけよう part1

寄り添いながら、
何気ない会話も楽しめる二人に・・。

会話はキャッチボール

モテる秘訣は聞き上手

相づち、うなずき...リアクションのポイントetc...

 

聞き上手になることのメリットは今や世の中にずいぶん浸透しています。

実際、活用できているかどうかは別にして.....

 

話すより人の話を聞くのが好き...という人もたまにいらっしゃいますが

人は本来、自分のことを話すのが好き。

 

人間関係が希薄になり、孤独になりがちな今、

人はつい話し相手を探しがち。

話すことは自分の中に溜まったものを吐き出し

気持ちをリフレッシュ、リセットできる

大切なデトックス行為でもあります。

 

人が複数集まると、グイグイ話すタイプの人、

最後までずっと相づち打ち続けている人...

(私は大抵後者です。)

特に女性同士の場合(あ、これをいうとジェンダー問題....になっちゃうか^^;?)

会話のキャッチボールというより、ボールの奪い合い、

時にはドッチボールみたいなぶつけ合いになったりして

わー、みんな溜まってるんだなー、喋りたい人ばっかなんだな〜...

.....気がつけば会話の内容が全く入ってこなくなり

人間ウォッチングに夢中になってる自分がいます^^;

 

 

さて、婚活の場合... お見合いで知り合った男性といよいよデート。

普段グイグイしゃべることが大好きなあなた、

聞き上手を心がけ一生懸命頷いたり相づちうって...

家に帰ってどーっと疲れてベッドに倒れ込む...

ついそんな絵が浮かんできました^^;

 

相手に好かれようと一生懸命聞き上手を装っても

日頃からそうでない人にはストレスになっちゃうし

長続きしません。

 

人って興味があることを目前にすると

自然に目は輝き、聞く姿勢も前向きになり

笑顔やリアクションが増えますよね。

お相手があなたの好みのタイプだったり

相性がよくて自然に会話が弾めば

これはもう大成功!

....ただなかなか最初からそううまくはいかない。

打ち解けるまで少し時間がかかる場合がほとんどです。

 

普段の生活の中、人間関係の中で

小さなことにも好奇心を持ち

物事を肯定的にとらえる姿勢を身につければ

会話でのリアクションも自然に変わってきます。

嫌なことより楽しいこと、欠点より相手の素敵なところを見つける感性、

「幸せを感じとる感性」を磨くトレーニングを続けましょう!

 

まず、会話の中で否定的なリアクションをなるべくしないこと。

相手の話にまずは共感する、共感できなくてもせめて寄り添う、

寄り添えなくてもせめて最後まで聞く。

聞いて、いったん受け止める。

「そうなんだ....。」と。

 

 

婚活ではお互いを知るため、会話がとても重要な相互理解のツールになります。

折に触れ、いろんな切り口でお話ししていけたらと思っています。

 

 

会話力を磨いていきましょう!

「婚活人は歯が命

美しい口元、爽やかな息は
毎日のお手入れで♪

ある人気女優さん。

彼女の日々を追いかけるドキュメンタリー番組の中で

カメラの前で口を開け、

デンタルフロスするシーンがあった。

 

えー?こんなシーンも人前で見せるの?

ちょっと引いてしまったけど、

でも考えたら納得...

体の隅々まで手を抜かない彼女の美しさは

こういう日々の小さなことの積み重ねからなんだなあと...

 

私といえば昔から歯医者が大嫌いなので

自分の歯をとにかく大事にしてました。

一日3回食後の歯磨き、夜のフロスもお約束。

50代になりさすがに経年劣化で真っ白な歯とは言えなくなっちゃったけど

いまだに人前で大口開けて笑うことにも抵抗ありません。

 

歯磨きはちゃんとするけどフロスはやらないって人、

意外に多いんじゃないでしょうか。

特に今はマスクで口臭気にする必要がないと思っている人も。

人に会う前でもまあいいかってついニンニク料理食べちゃったり。

コロナ対策にはマスクは大活躍だけど

お口の健康には意外に悪影響を及ぼしちゃってるかも。

 

「マスクをしてると自分の口臭が気になりますよね〜」

CMの中のセリフ。え〜!?そんなことってあるの?

中高年男性にマスクをしない人が比較的多い気がするんですけど

もしやそれが理由??なんて

うがった見方をしてしまいます。(すみません::)

 

暖かくなりコロナも落ち着いて

婚活もいよいよ本格的になってくる前に...

長い時間マスクの中に隠していた自分の口、歯。

今一度チェックしてみましょう。

 

私もそうなんですけど、コーヒーや赤ワインが大好き。

ステインですぐくすんだ色になってしまうのが悩み。

なのでハイドロキシアパタイトの入った

ステイン除去用の歯磨きを使っています。

ちょっとお高めなんですけど、長く使うと歯も強くなり

一押しです。

 

歯磨きだけでは取れない歯間の汚れや歯垢は

最低寝る前にフロスや糸ようじできれいに取り除き

丁寧に歯磨きを。

仕上げに殺菌効果のあるデンタルリンスを使えば

パーフェクト。

 

歯科衛生士でもないのに、ごめんね^^;;

ただお伝えしたかったのは...

結婚って、他人だった二人が家族になり

同じ空間で暮らし始めるということ。

なので婚活で初めましての人に出会う時、清潔感を忘れないのが

相手への思いやり、最低限のマナーだと思うんですよね...

どんなイケメンでも美人でも

マスク外した瞬間、オイニーがむ〜ん...なんて最悪...

 

......じゃないですか^^;;;??

 

自分で手入れしてても虫歯や歯周病のリスクは

いつ何時もやってきます。

私もコロナ禍で歯医者さんの定期検診をずいぶんサボってました。

近々予約しよっと!

 

 

皆さんも、きれいな息で 素敵な出会いを!

「何着る?初めましての日...

あなたの魅力を引き出す
ヘアメイクレッスンはクルールで♪

婚活サイト、お見合い、ご紹介...

気になる方が見つかり、晴れて初デートにこぎつけた

あなた。

やったね^^!!

 

ヘアスタイルもスキンケアも抜かりなく...

絶対失敗できないわ〜(汗)

で、で。当日何着ていこう.......??

第一印象はとても大切です。

清楚で上品、女性らしくコンサバな装いを心がけて...

 

........なーんてアドバイスを予想してましたよね?

 確かに。オーソドックスにそれも一理。

第一印象が大切なのは間違いなく、正しい。

だけど 一つ気をつけて。

 

その装い、普段のあなたとかけ離れてませんか?

 

服装、髪型、女性の場合はメイクも...

長年好んで身についたスタイルは

もはやあなたの一部であり

あなたのキャラクターの大切な要素になっているはず。

 

お見合いだから、大事な場だからと

普段選びもしない洋服やアクセサリーを身につけたら

ただでさえ緊張する初めてのデート、

ますます居心地悪くなっちゃいそう。

 

さかのぼれば大昔、20代の頃。

私も人並みに何回かお見合いを経験しました。

その頃はネットなどあるわけなく

知り合いの世話好きのおばさまが間に入り

初めての日はホテルのティールームに大集合。

相手、私、相手のお母様、私の母、そして仲人のおばさま。

総勢5人がテーブルを囲み

私は紺の白襟つきワンピース、お相手の職業は忘れたけど

スーツではなくブレザーにネクタイだったかな...

全く弾まない会話と茶を啜る音...

お相手の額に湧水のように浮かんでくる汗...

前髪がへばりついて...

気になって気になって会話が入ってきませんでした....

 

そのお相手は今の夫ではないです^^;;;

 

今思えばコントのようなその時間。

お見合いでコンサバなお洋服を...はおそらくその時代の名残でしょう。

今や我が社の婚活サイトでも初めてお会いするのはほぼ当事者二人。

同行する年配者の視線を気にする必要はありません。

 

大切なのは「あなたらしさ」をしっかりkeepし、

なおかつ初対面の人をほっとさせるような

気遣いのある装い。清潔感。

そう考えると、極端な個性は少し抑えめにし、

でも自分らしい魅力はしっかり前面に出した服装。

例えばデザインは控えめでも好きな色、似合う色を選ぶとか、

好きな柄は少量、ポイントにとどめる。

豹柄が大好きならヒールの先にちらりとか(笑)

普段デニムばかりの人なら、キレイ目ホワイトデニムに

スニーカーじゃなくバレエシューズを合わせるなんて

素敵だと思います。

「私はこういう感じです」というのを相手に伝えるためにも

好きなものをセンスよく散りばめるのは

決して無意味ではないと思います。

 

普段ジーンズしか履かない人やアウトドア大好き人間なら

ホテルの堅苦しいレストランでお話しするより

気のおけないオープンカフェで会った方が

よりリラックスして自分らしく振る舞えるかもしれません。

 

なので初デートの場所選びも大切。

もし事前にメールなどでやり取りできるなら

その辺りを打ち合わせるのもいいかもしれません。

お互いを知るための、これも大事な初コミュニケーション。

 

大切なのは「気取る、取り繕う、上品に見せる」ことではなく

「自分らしさのいい部分」をビジュアルで伝えること。

 

さらなるアドバイスはうちの斎原代表にお任せください^^

隠れた魅力さえ引き出すプロフェッショナルですから。

私もずいぶん彼女に助けられています(笑)

 

桜も咲き始め、オープンカフェも気持ちいいシーズン到来。

時々マスクを外しチャーミングな笑顔をチラ見せしながら...^^

 

あなたの記念すべき初日が

素敵なものになりますように!

 

Welcome! 多様性

大人婚におススメ和婚

チェコに住んでいた頃、仲良しの友人の中にゲイカップルがいました。

二人ともそれは素敵なフランス人のナイスガイ。

一人は銀行員、一人は美術館のアートコーディネーターで

パリで働いていた時に出会ったそう。

チェコに来る前は東京で3年間暮らしたそうなんですが

銀行員の彼の日本転勤に、アートコーディネータの彼が仕事を辞めてついて行ったんだそうです。

その際の交通費や引越し費用、家賃、現地での医療保険etc...

福利厚生の全てをちゃんと家族の一員として

銀行員の彼の職場がフォローしてくれたそうです。

すごいなあ、フランス!

感心したのを今でも覚えてます。

 

銀行員の彼は職場でもゲイであることを公言していて

ファミリーパーティなど堂々とBFを同伴していました。

お互いのご両親も彼らを認めていて、

いいお付き合いをされていたようです。

 

まだまだ封建的な日本では考えられない話ですよね...

正直、羨ましいなと思いました。。。

 

海外赴任中に出会えたたくさんの友人たち、夫婦、カップル...

本当にいろんなスタイルがありました。

国籍、歳の差、ときには性別さえ障害にならず

自分の気持ちに正直に、一緒にいたいと思う相手と自然に暮らし始める

自由でのびやかなカップリングスタイル。

ヨーロッパで長い時間を過ごし、私の中に凝り固まっていた

ある意味「日本人的な」先入観とか偏見が

ずいぶん小さくなった気がします。

 

日本でもこのところ、結婚相談所の会員の方の年齢が

ずいぶん幅広くなったように感じます。

とても素敵なこと!

好きな仕事を持ち、充実したライフスタイルを楽しんでるうち

気がつけば重ねてきた年齢と経験...

結婚したいと感じるようになったその時が、

それぞれの結婚適齢期。

大人婚、Welcome!

 

結婚したい理由は十人十色。

子供を持ちたければそうすればいいし

ずっと二人で寄り添って生きたければそれもアリ。

籍を入れたければ入れればいいし

心で繋がってればいいと思えばそれもアリ。

ダイバーシティ、万歳!

 

多様性がさらに浸透し、私たちが自然にそれを受け入れられるようになれば

世の中はもっと楽になり、孤独も減り

幸せな笑顔が増えるんじゃないかな。

 

 

そんな気がします.....

 

 

 

 

「仮面夫婦」

素敵な出会い
そして、幸せを掴んでほしい♪

久しぶりに聞いた!この言葉。

不倫だ離婚だと巷を賑わす有名人のゴシップ報道...

くだらな〜いとテレビ切ってふと思った。

この仮面夫婦って意外に多いんじゃない?一般の人たちにも。

 

周りを見渡しても、うん、確かに...

仮面夫婦は言い過ぎにしても

どうにも冷め切った、一緒に住んでいるのに「心は別居」夫婦が

世間には少なくない気がします。

 

例えば休日でも夫婦一緒の行動がほとんどない人たち。

夫は仕事かゴルフ、自分の好きな場所にふらりと出かけ

妻は友人や子供とランチやショッピング。

 

平日夫は遅くまで仕事。

妻は家事に子育て、子供の習い事の送り迎え、ママ友とのお付き合い.....

食事も一緒にとることは稀で会話も少ない。

 

そういう夫婦でも少ない時間でちゃんと心を通わせている人はたくさんいますよ、

もちろん。

ただ、女同士で集ってる時など、たいてい誰かから夫の愚痴や姑の悪口なんかが始まっちゃうんですよね....

息抜き、毒抜きは必要なんでしょうけど....

 

ちょっと極端な話かもしれませんが、昔、エリート医師と結婚した知人たちが

夫の死亡保険金をいくらにするか熱心に盛り上がってたことがありました。

正直かなり引いて会話に入っていけなかった...

大切な話題かもしれないけど、そういうのは夫婦でする物じゃないかな〜って

唯一独身だった私は思ったんですよね....

 

また、私は長年、夫の仕事の関係で日本と海外で別居を続けてます。

この春からやっと国内での単身赴任になりほっとしてますが

本音はやはり同じ屋根の下で生活したい。

だけど周りからびっくりするくらい言われるんです。

「いつも一緒じゃなくて羨ましい!」って。

 

確かに子供以上に手がかかりめんどくさい旦那様もいるでしょう^^;

なかなか自分の時間が取れない忙しい女性も多い。

だけど私には「夫元気で留守がいい」という言葉はどうしても理解できない。

長年離れてるから余計そう思うのかもしれませんけどね。

 

ヨーロッパに住んでいるとき感じたのは

欧米人は夫婦関係をとても大切にしてるってこと。

日本人は子供が小さいうちは家族で行動するけど

子供の手が離れた頃には夫婦の関係が薄くなって

別行動し始める人が少なくない。

例えば旅先で。欧米人は老夫婦でも手を繋いで歩いてる人たちが多いのに

日本人は団体客、なぜか女同士のグループがすごく多い。

旦那様たちはおうちで留守番?

前にある人が言ってました。

「夫婦で行くとお金が2倍かかるから友達と旅行に行くの〜。だってその方がいろんな場所に行けるじゃない〜。それに犬もいるしね〜!」って。

うう.... 旦那さん、一人でわんこのお散歩ですかい(涙)

 

男は仕事、女は家。

結婚は個人の気持ちより経済的な安定と家同士の結びつき。

そういう価値観を引きずった世代の夫婦の一部が仮面夫婦になってしまうのは致し方ないのかもしれません。

若い世代は働き方も家族の形もずいぶん違う。

これからは日本の夫婦の形もおそらく変わってきますね。

夫婦の関係はその家の基礎、礎(いしずえ)。

仮面じゃあまりにもろすぎる、悲しすぎる.....。

 

結婚はある意味契約です。

でもそれは紙切れ一枚の問題では済まされない

これから長く続いていく心の契約、約束、誓い。

 

お見合いで出会った人とは

「恋愛を前提にした、お付き合い」の始まりであってほしいと思う。

 

「この人、好きだなあ...

「きっと、好きになりそう...

「ずっと好きでいられそう.....

 

 

そういう人と巡り合えればいいですね。

 

巡り合って欲しいです。

 

 

目は口ほどに・・・。

目は口ほどに・・。
眉と目のバランスも・・・。
 

またまたマスクの話でごめんなさい^^;

(決してマスク警察ではありませんよ。)

 

ヨーロッパに住んでた時、日本よりずっと寒くて乾燥しててもマスクしている人にはまずお目にかかれませんでした。

たまに日本から来た団体観光客の人たちが集団でマスクしてるのを見て

「え、なんかあの人たち病気??」なんて、あちらの友人に聞かれたものです。

 

コロナが超シビアな国々でも欧米人はマスクを嫌う。

理由の一つに、欧米人は相手の感情を口元で読み取るから...と専門家が分析していました。

確かに欧米人は日本人より感情をはっきり表します。

老若男女笑う時は大口開けて笑う。

ジェスチャーも豊富。

 

反面日本人は感情をあまり表に出さない傾向が。

人によっては歯を見せずに口角だけで笑ったり、

口元を隠して笑ったり。(年配の女性に多い)

 

目が笑ってないという表現もありますね。

口元は笑って(建前)でも目はシビア(本音)...

怖いですね;;

 

日本人の本音は目に現れる。相手の感情を目で読み取る。

なので口元を隠すことに抵抗がないんですって。

文化の違いって面白い...

 

ちなみに最近多い政治家の不祥事。

インタビューで弁明するときの彼らの目を見て驚きました。

目が泳いでる!

人間、嘘や弁明するとき、あんなに目が泳ぐんですね。

マスクをつけて他の部分を隠しているので

余計に目立つんです。

 

健康状態も目に表れますね。

充血したりどんより濁っていると

お疲れなのかな〜、不摂生なのかな〜

お仕事でお忙しいならいいけど

夜の街通いが理由なら最悪です^^;

 

目ってその人を表しますよね。怖い怖い。

 目元の健康とケア、とても大切ですね。

 

それと同時に、いやそれ以上に

澄んだ瞳でいられるような生き方をしなくちゃって

改めて思いました。

相変わらずなくならない政治家の不祥事を見てて。

 

でもやっぱり人の感情やキャラクターって、

目だけじゃなく、顔全体、体全体から伝わるもの。

目だけじゃ相手を見誤ってしまいそう...

 

気になるお相手とマスクを外して

心置きなく会っておしゃべり、コミュニケーションができる日が

 

1日も早くやってきますように!

 

自然体で自分らしく

自分で簡単にヘアアレンジできれば
春のオシャレがもっと楽めますよ♪

美容室に行ってきました。

実に数ヶ月ぶりのヘアカラー 。

白髪が目立つ悲しきエイジングヘアを

時間かけて丁寧にカラー、カット、トリートメント...

若き女性スタイリストさんの熱意と技で

なんとか人前に出れる姿に戻してもらいました。

いや〜。ヘアって重要ですね。

人には「外見で損しないで〜」と言いながら

コロナが心配で髪をずいぶん放置してました。

これぞ巣篭もりブス化現象、要注意、反省。

 

美容師さんの話では、最近はパーマをかける人や

髪にダメージを与える極端な施術をする人が

本当に少なくなったそう。

代わりにトリートメントやヘッドスパ、

髪を綺麗に見せる縮毛矯正が増えたそうです。

流行りの髪質改善コースも多様化し

高価なのにとても人気があるそうです。

 

ヨーロッパやアジアに住んでいた頃、

現地の女性たち、特に若い女性は

髪をナチュラルに伸ばし、仕事やスポーツの時は

さくっとポニーテイルにしている人が多かった。

とてもいいな〜と思ってました。

日本の美容師さんは世界一器用だと言われていますが

デザイン重視であれこれ施術しすぎると

やはりケミカルダメージを受けすぎてしまう...

そういう時代を経て、今や美容業界も新しいフェーズを迎えているんでしょう。

ナチュラル、健康志向になったのはとてもいいことだと感じます。

 

ロングでサラサラのヘアが人気な背景に

「女子力」重視の心理がある気がします。

SNSも普及する中、Max素敵な私を発信したい。

ごくごく自然な心理だと思いますが

以前「勝ち組という言葉」の章でも書いたように

他人の目を過剰に意識した日々は要注意。

人に影響を受けすぎたり、無意識に他人の真似をしてしまい

自分らしい魅力に気づけなくなってしまいます。

 

SNSを自分のモチベーションアップに使うのは得策。

SNSアディクトになって振り回されて自分を見失わないよう

上手に活用する必要がありますね。

 

スタジオクルールのコンセプトは

「私らしく」

 

お気に入りの美容室で定期的にヘアケアをするように

美容全体のアドバイス、気軽に受けにいらしてください。

一緒に「あなたらしさ」を探していきましょう。

春に向けて、自信を持って婚活にも

 

一歩踏み出せますように。。。

 

 

たかが マスク・・・?

まわりを見渡せば春はもうすぐそこに♪

 

こんにちは!

 

春の気配が感じられるこの頃ですが

花粉症の人には辛い季節。

まだまだマスクは外せそうもありませんね...

 

コロナ禍でしっかり定着した感のあるマスク。

最近は危機感もあいまって不織布や二重マスクなど

「しっかり防御」派の人も増えてきました。

電車の中などでたまにマスクなしでおしゃべりしている人を見ると

下着をつけてない人を見たような^^;

軽く衝撃を受けてしまう自分がいます.....

(もちろん事情があってつけられない方も。それは理解しなくてはね。)

 

顔洗ってメイクして歯磨きして...

出かける前にはい、マスク。

今や日常必須アイテムになったマスクですが

口元を覆うものなので実はとても目立ちます。

清潔感、生活感が思い切り出てしまうので

要注意。

 

洗って使う布マスクの場合目立つのが

布の縮みや皺、ゴムのたるみ、汚れ。

物を大切にするのはいいけれど、

やはりヘタってきたら新しいものに変えるべき。

生活に疲れた感が出て残念.......

 

気になる付け方、アウトはやはり鼻出し。

男性に多いのはなぜなんですかね??

息が苦しいなら野外の場合思い切って外したほうがまだマシ。

鏡の前で鼻だけ出して自分の顔を見てください。

すごーく間抜けな顔に見えますから。

鼻だけ出して口を隠すと

中顔のパートが長〜く見えてしまうんですよね。

そうすると人の顔って凄く間延びして見えるんです。

 

鼻出しマスクで気付いたのですが

マスク内で蒸れるせいか、お化粧がはげてしまうせいか

毛穴が目立つ場合が多いんです。

間延びした顔の真ん中に毛穴ぶつぶつの鼻!

印象的に最悪です。

 

前にも書いたけど、公共の場所でふと気が緩んだ時

人は生活や素の自分を垂れ流してしまう...

もしや気づかないうち誰かがあなたをウォッチングしていたら...?

出会いのチャンスは日々の暮らしの中に

宝探しのように散りばめられています。

いつ誰に見られても大丈夫なよう

小さな努力を忘れない方が得じゃないかと思うのです。

 

たかがマスク、されどマスク...

マスクは他人に対する思いやり度の

バロメーターでもあると思うんです。

清潔なマスクをきっちりつけてる人は

老若男女問わず、凛としてて

いいなあって思うんですよね。

 

 

婚活力を上げるためにも...

 

あなたのマスク、見直してみてくださいね!

 

男性もより素敵に(Part 2)

まずはメンズメイクレッスンで
自分磨きを始めましょう!!

 

結婚相談所のプロフィール写真を見ていつも思うのは

素敵な女性が多いなあってこと。

 

自分を綺麗に見せる洋服の色やデザイン、

ヘアスタイルもよくわかっていて

笑顔も自信にあふれてる感じです。

 

それに比べ、男性会員さんは

表情がまだまだ硬いというか...

 

スーツの方が多いというのもあって

個性が伝わりにくいんですよね...

 

まあ仕方ないかな。

日本男性はシャイですもんね。

それが魅力だったりもするし。

 

婚活を真剣に考えてる男性の皆さん。

まずはご自身の魅力を最大限伝えられるように

自然で素敵なプロフィール写真を撮りませんか。

 

あなたの素敵な内面が伝わりやすい外見に近づけるため

スタジオクルールでは丁寧なカウンセリングを通して

損をしている外見の部分を取り除いていきます。

 

ちなみに男性がブラッシュアップしていくポイントといえば...

まず清潔感のある肌

アイメイクなしで目元を魅力的に変えるアイブロー

お顔の輪郭をより若々しく見せるヘアスタイル etc...

 

あとは眼鏡やネクタイの色、デザインを変えたりすれば

一皮剥けたように垢抜ける方が多いです。

女性と違い普段何もしない方も多いので

少し手をかけると驚くほど変わる方が多く

私たちもやりがいがあります^^

 

ご自身で眉を手入れされている方の中には

やりすぎて、ちょっと「怖い」感じになったり

チャラい感じになってたり...

女性と違って描きたせませんから

加減がとても大切なんです。

また、顔は正面からだけじゃなく、

斜め前、真横からも見られています。

3Dでデザインしていくことが肝心です。

 

マジ無理!って思わないで^^;

ちゃんとご自分でお手入れできるよう

丁寧なレッスンも用意しています。

コツがわかれば簡単。

男性だって自分磨きは楽しいですよ。

 

人生が好転します。お約束

気軽にお問い合わせください♪♫

 

人間ウォッチング

「話してみないと相手の性格はわからない...」

 

人の中身を知るには、会話はとても大切ですね。

相手をより深く理解するためには

ある程度時間も必要です。

 

ただ、婚活、特にお見合いやご紹介などの場合、

限られたスケジュールの中でお相手を見極め、

お返事をしなくてはいけない場面に必ず遭遇します。

 

あなた自身の

「人を観る目」を、意識して養わなければなりません。

 

毎日の生活の中で簡単に取り入れられる方法としておすすめなのが「人間ウォッチング」です。

 

と言っても人を不躾に、じろじろ見るわけじゃないですよ(笑)

 

例えば電車やバスの中で私はほとんどスマホは見ません。

少し目線を下げた状態で、視線を周囲に泳がせながらさりげなく人を観察します。

 

公共の場所など、無意識な状態で過ごしている人の姿に

驚くほどその人の「生活」が見えてきたりします。

 

マスクから鼻を出し脚を広げて座り

スマホの画面をずっと触ってる男性...

 

目の前に高齢の方が立っていても

知らんふりして座ってる女性

 

混んだ乗り物の出入り口付近にたまり動こうともしない人。

人を押しのけて乗り降り。

ぶつかっても会釈もすみませんもない...

 

スーパーの中にもいろんな人がいます。

野菜を素手で触りずーっと選り好みしているおばさま

お刺身売り場でずれたマスクで売り物に顔を近づけ

選定に余念のない男性...

 

職場で、通勤途中で。

カフェでコーヒー飲みながら通りを眺めてみてください。

時にハッとさせられます。

人間、無意識の時にこそ素がでます。

怖いものです。

人の振り見て我が振りなおせ...

私も日々自分に言い聞かせています。

 

あなたの一生を左右するパートナー選びですから

ちょっと厳しいくらい、シビアに相手を見極めてもいいんです。

 

人間ウォッチングはそのためのトレーニング。

 

ただ、勘違いされて妙な人に近寄られないよう、

人に視線は合わさず、さりげなく、さりげなく。

 

成功を祈ります(笑)

 

有事の今だからこそ

 

長く続くコロナ禍で

家庭内の様々な問題が浮き彫りになっています。

 

赤ちゃんが生まれたばかりの30代の妻が

夫に家から追い出され、離婚を迫られていると

涙ながらにインタビューに答えていました。

 

新生児がいるからウィルスを持ち込まないよう

手洗いや消毒を徹底して欲しいと

何度も頼んだのが夫の怒りを買ったんだそうです。

細かすぎてうんざりする!息が詰まる!と。

 

奥さんが止めるのも聞かず、年末には

10回以上忘年会にも出かけていたと...

 

溝は深まるばかりでやむなく別居を始めたところ

夫から離婚届が送られてきて

離婚に応ずれば養育費を払ってやる...

と言われたそう。

 

前はとても優しい人だったのに...

コロナで夫は変わってしまった...

コロナが憎い....

涙ながらに奥さんは語っていました。

 

なんとも辛い状況です。

小さなお子さん抱えてシングルマザーやっていくのは

想像以上に大変なことでしょう。

本当にお気の毒です。

 

ただ...少し厳しい意見になってしまいますが

コロナが夫を変えてしまった...という部分には

疑問を感じてしまいます。

 

もともと持っていた彼の性質、資質が

コロナによって表に出てきただけなのではないかと。

 

出会って、恋愛して、結婚して子供ができて。

または子供ができたから結婚して。

 

こんな時期は気持ちも高揚し

興奮し、幸せオーラに包まれる...

ある意味ハッピーでポジティブな有事といえます。

 

何もなければそのまま静かな日常が続く

平時が訪れたんでしょうけど

 

今は誰もが予想しなかった有事の真っ只中。

アンハッピーでネガティブな有事。

ハッピー有事とはまさに真逆な状況です。

 

長い結婚生活の途中、何度も訪れる大小の有事。

子育て、仕事、健康問題...

そんな時は喧嘩してる場合じゃない。

タッグを組んでチームで乗り切る、負けないぞ!

その積み重ねで

家族の絆は揺るぎなくなっていくんだと思うのです。

 

ただ、どちらか一方にこの認識が欠けていたり

極端に利己的だったり

暴力的だったり、不誠実だったりすると

 

片方の努力だけではどうしようもないじゃないですか......

 

どうしてもうまくいかなければ離婚も手段ですが

(実際私もバツイチです)

ただお子さんがいる場合、

女性の方に大きな負担がかかる場合が圧倒的です。

今このコロナ禍で非正規の女性たちの苦境を見ると

日本はまだまだ男性中心の発展途上国なのが

一目瞭然.....

 

 

結婚相手を選ぶ時、つい優先してしまう好みのルックス、職業、年収...

もちろん気になります。当然。

 

だけど、本当に大切で、絶対に抑えておかなければいけないもの...

 

「人間性」

 

見極めるのは難しい。

でも最低限、結婚を決める前に

彼(彼女の)他者に対する「思いやり度」を見極めて。

 

友達や仲間を大事にするのは素敵。

でも、家庭を持った後は

あなたや子供たちを最優先して欲しい。

特に有事の時は。

家族が病気になったりしんどい思いをしている時に

ちゃんと支えてくれる人なのかどうか....

 

嘘をついたり、暴力なんてもってのほかです。

 

どんなエリートでも、お金持ちでも

そういうのは最低。

ハズレ。

 

あなたを本当に大切にしてくれる

 

アタリの人を じっくり探しましょう。。。

男性もより素敵に

挙式&前撮りでのメンズメイクは
当たり前!!皆様イケメンでご満悦

「メイクおじさん増える」

「ファンデーションは身だしなみ」

 

掃除しながらテレビつけてて

思わず二度見、ガン見しちゃいました。

 

テレワークで自分の顔をみる機会が増え

わ〜、オレってめちゃ老けてるや〜ん;;;;;

カメラ映りの自分の顔に驚き焦った男性たちが

メイクスタジオに駆け込んでるっていうニュース。

都会では男性専門のメイクスタジオも増えてるって話です。

 

ファンデーションは身だしなみっていうのは

まあ置いといて........^^;;;;;;;;;

 

実際スタジオクルールにも以前から男性のお客様は一定数いらっしゃいます。

主にはスキンケア、眉の手入れ、ヘアアドバイス、

ファッションの全体的なブラッシュアップが目的。

女性以上の変身ぶりに皆さんほぼ大満足されます。

 

婚活の場合もそうなのですが、

人は見た目で損をするのはとてももったいない。

残念ながら日本の男性、特に中高年の方は

「男は外見より中身だ!」という価値観が強く

外見を整える事に気恥ずかしさや罪悪感さえ感じる方が

少なくないんです。

 

もちろん中身が一番大切なのは当たり前。

だけど外見のせいで、その素敵な中身が相手に伝わらなかったら?

ましてや全く逆の中身をイメージされてしまっていたら?

 

それってなんともったいない!

 

婚活のためにはまずご自身のプロフィールと

写真を用意していただきますよね。

スタジオクルールのサポートはまずはそこから始まります。

皆さんの素敵な内面をたくさんの方にわかっていただくために

外見で損はさせません!!

 

これが私たちの一番の強みです^^

 

ちなみに私たちは男性にメイクを勧めたりはしません。

ご安心ください(笑)

 

男性に素敵に変わっていただくポイントを

 

次回は詳しくお話ししますね。

勝ち組という言葉

今やいろんな場所で目にする言葉

「勝ち組」

ビジネスで、恋愛で、子育てで。

もちろん婚活でも。

「婚活で勝ち組になるための how to...」とかね。

 正直... 息苦しいなあ...^^;;

 

私達の時代以上に厳しい受験戦争を戦ってきた

世代の皆さんに対して

この勝ち組という言葉は

競争意識と焦燥感をあおるのに

ある意味、効果的なのかもしれません。

 

ましてや今の時代、SNSの普及もあり

私たちはつい無意識に自分と誰かを比べてしまいがち。

負けず嫌いの人はますます自分発信に勤しみ

時には違う自分を演出してしまってたり。

自信喪失したり、コンプレックス感じてしまったり...

その潜在的なストレスは

おそらく相当なものじゃないかと感じます。

 

ライバル意識を持つこと自体は悪いことじゃない。

素敵な人や優れた人をみて

「自分も頑張ろう!」と思うのは

大事なモチベーションです。

ただね...

 いつも自分と誰かを比べ、優越感を感じることで得られる

安心感、幸福感って なんなんだろうなって...

 

 勝ち組があるってことは、負け組も存在するってことですよね。

 ......負け組にならないようにしないと!

そんな不安や潜在恐怖感が常につきまとった

勝ち組の幸せなんて

実はとても脆いんじゃないのかな...

 

 生涯のパートナーに出会いたいと

本気で考えていらっしゃるのなら...

 ストレスたっぷりの鎧は脱ぎ捨て

「勝ち、負け」の土俵から降りてみませんか。

 

ゆったりと深呼吸し、等身大の自分に戻り

自分のペースで行動してみる...

 

ライバルがいるとしたら

以前の自分。昨日の自分。

大きな大会を目指すアスリートたちのように

ひたむきに、自分の信じたことを日々実行していけばいいんです。

 

人は人。私は私。

 婚活にも、人生にも...

勝ち組、負け組なんて存在しませんよ!

独り...について思うこと

結婚を真剣に考えている皆さん。

その理由はきっと様々ですね。

 

適齢期だから。子供が欲しいから。

周囲の大人や友人にせっつかれて。

一人は孤独...支え合えるパートナー、家族が欲しい...

 

独りは確かに、

時に寂しい...特に今のような不安な社会では。

健康面でも経済面でも本当に今、独りが楽しめない時代を迎えていますね。

 

独りという言葉の英訳、実は2種類あります。

loneliness

ご存知、孤独という意味。ひとりぼっち 支え合える仲間もいなく

孤立して寂しい...少しネガティブな意味を持つ 独り。

 

もう一つは 

solitude

 孤高という言葉がありますね。

そこから連想してみてください。

 独立した 自分の世界を持った。一人を楽しめる...

そんな感じ。Soloという言葉もここから来ています。

 

私は以前チェコのプラハで古いフィルムカメラにモノクロフィルム詰めて

独りひたすら写真を撮り続けていました。

帰国後念願かなって東京のギャラリーで個展を開くことができたのですが

その時のタイトルが「Solitude」。

独り、ひたすら歩き回りレンズを向けたプラハの街や風景は、

仲間と一緒にわいわい撮影したなら決して見せてくれなっただろう

様々な表情、情景をフィルムに残してくれました。

一人の時間に向き合わなければ決して残すことができなかった作品たち。

なので個展のタイトルは迷わず「Solitude」にしました。

 

私事ですみません。

ただお話ししたかったのは...

 

今、もし独りでいて、不安で寂しくて仕方なくて。

この状況から1日も早く抜け出したくて

それで結婚しよう!婚活しよう。

もしそんなふうに思っているのなら。

 

それは間違いですとは決して言いません。

それも大切で、自然な動機。

 ただ一つだけ忘れて欲しくないのは

 

今のこの一人の時期を、自分の人生の中の貴重な時間に変えて欲しい。

lonelinessから寂しさやネガティブな感情を差し引いて

solitudeに変えて欲しいと思うのです。

例えば...

 一人の夜はスマホを置いて、本を読む。

 

今まで聞いたことのないジャンルの音楽を聴いてみる

 部屋を気持ちよく整える

お部屋に花を飾ってみる...

 小さなことからでいいんです。独りを楽しむ方法を探してみてください。 

きっとたくさん見つかるはず。

 

独りの自分を楽しめるようになると人は自然に輝きを増していきます。

そして、出会うお相手も変わっていきます。

 外見を磨くのはもちろんですが結婚を素敵なものにしていくためには

お互いの内面がとても大切。

磨いていく努力を続けていく姿勢がとても大切。

 

マイナス+マイナスではプラスには転じません。

 素敵なお相手に出会うためにはまず自分がプラスに転じなくてはね。

 

結婚したら一人の時間は少なくなります。

なので、今この貴重な時間を自分のストックを増やすために大切に使いましょう。

 独りで輝いている人はとても魅力的なんです。

冬ごもり、自分磨き

お家で楽しく自分磨き♪素肌ケアを

こんにちは。カウンセラーの水島です。

今年は冬の寒さが一段と厳しく感じられます。

コロナのせいもありまさに冬籠といった日々。

 

ついつい美容もサボりがちになっちゃいますよね〜。

マスクで顔隠すからメイクも適当でいっか...

美容室行かなきゃいけないけど密が怖いし... 

体重増えたけど外は寒いし...

ま、いっか〜!

みたいな。

 

が、しかし。

ここでコロナブスになってしまうのは

ウィルスの思う壺!あまりに悔しい許せない!

お家時間を利用して、こっそり抜けがけ美容にいそしんじゃいましょう。

今はセルフエステグッズも充実してますし

わざわざ出かける必要ないくらい

お家はストレスフリー、最高のプライベートサロンなのです。

 

暖かくなりコロナが今より収束してきたら

また人との出会いを楽しめる季節がやってきます。

なのでその時に慌てないよう、今からコツコツ準備しておきましょう。

例えば肌の細胞が入れ替わるのに最低でも28日(若くて健康な肌の場合)かかるので、食べ物、水分補給、適度な運動、スキンケア... 

今から丁寧に努力すれば、桜の頃にはしっかり結果を出すことができます。

春には婚活本格デビューを目指しましょう!

 

ところで...ネイルやマツエクなど好きな人も多いと思うけど、この機にいったんやめて素の自分に戻してみるのもあり。

私も以前は楽しんでましたが、コロナが蔓延し始めだんだんサロンに行かなくなりました。

短く抜けた睫毛や地味な素爪が最初は嫌でしたが、今や爪はすっかり元気にピンクになり

睫毛は美容液をこまめに塗って前より太く長くなりました。時々マスカラつければ十分!

毎月つけ直しに通う面倒もなくなりお金もかからなくなったのは嬉しい。

 

結婚活動(婚活と言わずあえてこう呼ぶのも好き)を真面目に考えるなら、今までの美容の概念を少し変えてみるのもいいかも。

もちろん好きなことは否定する必要ないし、自分らしいおしゃれは楽しめばいい。

ですが、第一印象で損をしない外見作りを少し意識してみてください。

女同士でマウントし合うようなヘアメイク、ファッションからナチュラル嗜好へ。

盛り盛りをやめて素の自分を育てる。

おしゃれなネイルアートや凝ったアイメイクより、清潔感、艶のあるヘア、透明感のある肌を育てることの方が重要だったりします。

 

お風呂上がりのすっぴんの自分とじっくり向き合い、今必要な美容は何かな...

 あ、この娘に会ってみたいな...そう思わせるには、何が必要だろう...

まずはリストアップから初めてみてください。

アドバイス、サポートが必要な時は、ぜひスタジオクルールにお問い合わせくださいね。

 

ちなみにデパートのコスメ売り場ではリップスティックの売り上げが伸びているそうです。

マスクで顔が隠れるこの時期なのに...明るい未来への希望と展望が背景にあるんでしょうね。

女性はやはり前向き。

 

私も素敵な春色のリップ、新調しよっと。

 

走る彼に思うこと...

マスク無しの生活が既に懐かしく感じるね

こんにちは。スタジオクルール結婚相談所の水島です。

年が明けても世の中はコロナのニュース一色、穏やかな日常は一体いつになることか...

広島も感染者がなかなか減りませんね。

 

お家時間が増えた分運動不足にならないよう私も気をつけていますが、最近ジョギング人口が増えたなあと感じます。

女性は日差しが気になるせいもあるのか、マスクしてる人が多い反面、男性はほとんどノーマスク。

マスクなしランナーが本当に多いんです。

 

野外なんだからいいじゃないの!?まあ確かにそうなんですが.....

でも例えば狭い歩道を歩いてて正面からハアハア...息の荒いランナーが走ってきたら.....正直ちょっと嫌な気分じゃないですか?

 

先日のこと。信号待ちをしてたら反対側に高齢のご夫婦。

そこへ後ろから40代くらいのマスクなし男性がゆっくり走ってきてご夫婦の横に止まった。

運動慣れしてないのかかなりの汗だく、真っ赤な顔で荒い息。

高齢夫婦はマスクしていましたが、おそらく嫌だったんでしょう、場所を移動しようとしましたが周りにも人がいて動けない。

ずっと俯いて我慢している様子。信号はなかなか変わらない...

 

信号がやっと変わった途端男性はまた走り始めた。

太目の身体を揺らし、蒸気機関車みたいに呼気と飛沫を撒き散らしながら信号を渡る人たちの間をすり抜けて.....

 

確かにマスクしないで走る方が楽だし気持ちいいでしょうね。

でも野外といえどもそこは公道。お年寄りもいれば赤ちゃん連れの人もいる。

そういう周りに対する配慮とか思いやりが持てるかどうかは、ある意味その人の感性、知性によるところが大きいと思います。

 

コロナで家族と過ごす時間が増え、絆が強まったという人もいれば、相手の嫌な部分が露呈し離婚に至ったという話も聞く 。

走り去る男性の後ろ姿を見ながら、彼の家庭はどうなんだろう...つい想像してしまいました。

反対側から歩いてくる老夫婦。二人ともしっかりマスクをし、お互いを思いやるようにゆっくり歩みを進めています。

少しほっとしました。

 

今のこのコロナ禍。他人や高齢者に対する配慮はいろんなところに現れます。

結婚相手を選ぶとき、見極めるときも... 相手の価値観、日々の些細な行動をしっかり目を開けて見極めることは重要だと感じます。

例えばあなたが歳を重ねたとき、病気になったとき。

あなたのご両親が高齢になったとき...そのお相手はどんな行動をとるのかな...

想像力を働かせ、少しシビアに相手を観察することも必要ですね。

 

もちろん相手に要求するばかりじゃなく、自分のことも同じくシビアに省みながらね。

 

私も日々、反省の連続です。

 

スタジオクルール的 婚活サポート始めます♪

今年こそ運命の相手に巡り会いたい。シングルライフに終止符打って、パートナーと新しい人生を踏み出したい。

そう誓ったあなた。自分にぴったりな婚活スタイル、業者さんを選ぶことが最初の大事なプロセスと前回お話ししましたね!

 

ご存知のように私たちはIBJグループです。イメージキャラクターの柴田理恵さんから連想されるように、心を込めて人と人とをつないでいく。

業界大手でありながら、地方の特性、事業所の個性を生かした細やかなサポート、サービスを得意としています。

 

スタジオクルールの母体はヘアメイクスタジオ。

1995年、代表の斎原晶子により設立。ブライダル、イベント、広告、各種学校への講師派遣、個人へのヘアメイクレッスンetc...様々な分野で女性の美しさを引き出す仕事に携わってきました。

コロナ禍にもかかわらずお仕事の依頼をいただき続けているのは、スタッフ一同感謝しかありません。特にこの時期増えているのは個人の方のメイクレッスン。

外出が減り自分の時間が増えたことで、今まで気になってきた外見の悩みを解決し、自分を磨いてキレイになりたい!そんな女性たちが増えたんです。

 

 

2050代、いらっしゃる方々の年齢業種は様々。

共通しているのは「今の自分を変えたい、より素敵になりたい」という上昇志向。

レッスンに通ってくださる間にいろんなお話をしますが

スタジオクルールのメインビジネスがブライダルということもあり、中でも多いのが結婚の話題。

そして、やはり皆さんの悩みNo1は「出会いがない」ということ。

今までそこそこお付き合いしたり、出会う努力もした...だけど「結婚」にはなかなかたどり着けない、いつも何かが違ったり、足りなかったり。

そういうことを繰り返しているうちに気がつけば時間が経ってしまってた...

このままじゃダメだとわかっていてもどうしていいかわからない...

そんな焦燥感の中にいる女性たちが本当に多いのです。

 

自分の人生に真剣に向き合おうとしている人たちの可能性を広げていくにはどうすればいいのかな...

出会いがないなら、作ってあげられればいいじゃない?

 

そんな模索の中、スタジオクルール結婚相談所は設立されました。

結婚式で、晴れの日のお二人を送り出す今までの役割からさらに一歩踏み出し、そこまでの道のりを後押しをしていく...まさに自然発生的な新事業の立ち上げでした。

 

結婚を目指す人たち、(会員さん、非会員さんに対しましても)今後、内面外面ともにより素敵になっていただくための様々なイベントをご準備していきます。

また、例えば大切なプロフィール写真撮影などはまさに私たちの本領発揮!

より素敵になり、自信を持って前向きに婚活に臨んでいただく。

これがスタジオクルールの一番のカラーであり強みです。

 

 ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

 

あなたに合った婚活スタイルは?


 

こんにちは。スタジオクルール、カウンセラーの水島です。

今年こそ理想のパートナーに巡り会いたい、巡り合うぞ!と決めたあなた。

さあ、まずは何から始めましょうか...

 婚活に向けてのHow to start。このblogを読んでいるあなたは多分情報収集はすでにばっちり。

なのでまずはその中から、自分に合った婚活方法を見つけていきましょう。

 

無料のアプリ、マッチングシステム...

AIに探してもらうなんて興味津々...

ネット上には婚活系サイトは数えきれないほど。

 

ただ、入会金無料、誰でも簡単に利用できるシステムには、残念ながらリスクがつきもの。

まずは出会ってお付き合いしてみて、時間をかけて相手を見極めたい、人を見る目には自信がある...

そういう方にはもちろん、便利なシステムかもしれませんが。

 

民間の結婚紹介業者に入会する方法もあります。

私たちスタジオクルールはこちらのカテゴリーです。

ご存知のように民間の結婚相談所は登録に入会金が必要です。

もったいないと思われるかもしれませんが、こちらは会員様に安心して活動していただくために必要な運営資金。

本当に信頼できる会員様のみ入会していただくため、言い換えれば身分証明の役割も果たしているのです。

安くない入会金を払っていただくわけですから、我々も入会時に会社のシステム、方針をしっかりお伝えし、面談の上、双方が納得した上で会員になっていただきます。

いったん会員になっていただいたら、メンバー限定とはいえプロフィール写真など皆様のプロフィールを公開していただくわけですから、

個人情報の管理などリスクヘッジには万全の配慮を行います。

優良な結婚相談所を選んでいただくことのメリットは、会員様のプライバシー保護、安心、安全な結婚活動の保証。これに尽きます。

 

自治体のマッチングサイトも含め、お相手探しの方法は多用になってる昨今。

興味深い記事を見つけました。

 

https://toyokeizai.net/articles/-/396067

 

記事にもあるように、民間業者もピンキリで、中には筆者の言う「悪徳業者」も存在するでしょう。

その反面これまで優良な民間業者が多くのカップルを生み出し日本の少婚化を食い止めてきた実績もあります。

まずは「信頼できる、実績のある業者」の選定。候補が決まればさらに「自分のニーズを満たしてくれる、自分好みのカラーを持った」業者に絞り込む。

数ある業者の中から自分に最適な業者を選び出すのはとても大切な作業です。

 

結婚活動、取説の最初のページはこの作業からです。え?大変すぎる?

大丈夫。難しいことが苦手な方は、まずスタッフblogなどで日々の活動の様子などを見てみるのがいいかもしれません。

実際に相談に乗ってくれるカウンセラーのキャラクターも見えてきますし。

婚活ってベースはやはり人と人との繋がり、コミュニケーション。スタッフとの相性はとても大切ですよね。

 

やはり私は細やかなケアも含め、AIはまだまだ人には敵わないと思ってます。

 

思い切りアナログ人間の私ですが.....AIなんかに負けてられません!

 

 

 

 

2021 進化・変化の年に

憧れのウェディングドレス 今年こそ

こんにちは。スタジオクルール結婚相談所、カウンセラーの水島です。

 新年の幕開け、皆さんはどこでどんなふうに過ごされましたか?おそらくほとんどの方は、去年と同じように平穏に賑やかに...とはいかなかったでしょう。

会いたい人に会えない、行きたい場所に行けない...どこか我慢の伴ったお正月を過ごされたのではないでしょうか。

かくいう私も年末年始は独り。引っ越したばかりの広島の新居から独り初日の出を拝み、独り元旦、一人初酒...

海外赴任の主人がコロナ禍で帰国できず、結婚後初めて寂しいお正月を過ごしました。

実家の母も高齢だし、親族ともリモート飲み会、電話のおしゃべりの毎日...

 

 

1日も早く前のような日常に戻ってほしいと願いながら、コロナウィルスとの共存には「前のように」「前と同じように」とはいかないだろうと感じています。

この新しいウィルスに人間が打ち勝つまでまだしばらく時間を要するでしょう。できるだけストレスなく暮らすには、周りに変化を求めるよりまず、自分が「変わる」しかない。

生活様式を「進化」させ「バージョンアップ」させ、よりしなやかに、柔軟に生きる。日常生活の些細なことにも、「前と同じ」ではなく「自分を少し進化させて」行動する。

人はこういう小さな努力の積み重ねで、人生を好転させることができると思うのです。

 初日の出を見ながら「今年こそは結婚したい」「運命の人に巡り会いたい」と願った方。その気持ちは大きな一歩、夢を現実にするための大切なステップです。

日本中、(世界中?)おそらく数えきれない人たちがそう願いながら新しい日の出を眺めたでしょう。その中にはきっと、あなたの人生の掛け替えのないパートナーになり得るお相手がいるに違いないのです。こんな時代だからこそ、寄り添い支え合える家族、人生のパートナーの必要性を再認識したという人も多いのではないでしょうか。

 

コロナ禍で辛く寂しい思いを経験した2020

孤独を知り、少し強くなった自分をバネに、今年はぜひ「結婚したい」という願いを「結婚する」という決意に変えてみませんか。その決意をひとつひとつ、確実に行動に起こしていけば夢はきっと現実になります。

 

2021年を、ぜひ、あなたにとって特別な年に。

We are ready to support you!

ぜひお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。
 

 どうぞお気軽にお問合せください

広島市、広島県、その他の地域で婚活をお考えの方、結婚相談所をお探しの方は、ぜひお気軽にお問合せ・ご相談ください。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

082-545-5071

受付時間:10:00~18:00
定休日:不定休